結婚相談所結婚相談所の資料を一括請求してみたら

結婚願望はそこまで高くないのですが、物は試しと結婚相談所の資料を一括請求してみました。

来るわ、来るわ。

資料は速攻で届くし、登録した途端電話が鳴る、鳴る。

無料カウンセリングがどうのこうのって言ってますけど、逆に安心しちゃいました。

本当に結婚したくなった時には、こういったサービスを本気で使えば、良いパートナーとめぐり会えそうだなと。

まだ結婚願望が高くないうちは、色んな女性とご飯を食べに行ってみたり、趣味とか仕事を充実させることに重点を置いてみても良いのかなと。

まあ、一番は年下の彼氏持ちの女の子を口説くことですけど、そこに執着しすぎてストーカーみたいになってもしょうがないので。

何事も余裕とバランス。

年下の彼女は気になるけど、色々な出会いを幅広く求めていこうと思います。

こういうサイトを活用するの女性経験という観点ではアリですよね。

参照サイト

彼氏持ちの女性に恋をしてしまった

良い女ほど恋人には困らないもの。

好きになってしまった相手が、彼氏持ちだったということは珍しく無いでしょう。

しかし、ここで諦めてはいけません。

良い女と付き合いたいと思うのは男の本能、闘争に打ち勝ってこそ美人と、可愛い女の子と付き合うことが出来るのです。

彼氏がいると知った途端に諦めてしまうのか、関係なくアタックするのかで、どんな人生を歩んでいくかは大きく変わりますよね。

妥協するのか、それとも闘うのか。

まずは闘うという心構えを作りましょう。

その上で、真っ向勝負は分が悪いと知るべき。

なぜなら相手は既に彼氏といくつもの思い出を共有しており、過ごしている時間も長いため、正面からのアタック、告白は玉砕する可能性が高い。

それよりも親友としての地位を気づき、他愛もない話の相手をしてあげたり、相談を聞いてあげたりすることが大事。

そのうちポロッと、今の彼氏の不満を口にするかも知れませんが、どんなにラブラブに見えるカップルでも、必ず中だるみの時期はあります。

そのチャンスを側で逃さないようにすること、それが略奪愛の基本であり、絶対に抑えなければならないポイント。

理想の彼女を手に入れるために、例え相手に恋人がいても、戦略的にアプローチしていく、そんな人生にしたいですよね。